4月に入っても朝4時ぐらいからドラッグストアの前で行列は作られています。

転売ヤーの買い占め高額販売はなくなりましたが、ドラッグストアでマスクの在庫はありません。理由は下記の時事通信の引用をご覧ください。

増産マスク、なぜ買えない?

一時横行した転売目的の買い占めは政府の規制で鳴りを潜め、ウイルス拡大で急減した輸入も順次回復。全国マスク工業会によると、店舗への入荷頻度も増えているという。それでも店頭でマスクを見掛けない最大の理由は、際限のない需要増大だ。店舗に朝から行列ができる風景も珍しくなく、「売り場に置くと瞬間的に売り切れる」(同会担当者)状況が続く。

生産・輸入されたマスクの全てが店頭に並ばないという事情もある。厚生労働省マスク等物資対策班の担当者は、「医療機関や高齢者向け施設、公共交通機関などマスクを優先的に必要としている所が多く、店頭販売に回るマスクは限られてしまう」と説明。

近く政府が全世帯に配る布マスクの活用を呼び掛けている。
平時より高額なものの、「楽天市場」などの通販サイトでは、マスクの予約販売を受け付ける店舗も出てきている。

在庫を1枚当たりの価格で安い順に表示する「在庫速報.COM」というサイトも登場。3日時点では、4月中旬発送で1枚50~70円程度が「相場」となっている。

引用元:jijicom

増産されたマスクは「医療機関や高齢者施設」を優先しています。それで一般庶民まではまわりきらないようです。

楽天などでマスクを購入できるショッピングサイトはありますが、予約販売の店舗が多くスグには手に入りません。時間がかかります。1ヵ月かかる場合もあります。

しかも圧倒的な需要増大で原材料が高騰しており、マスクの相場は1枚50円~70円と高値で推移しています。

マスクの在庫は豊富にあるため即納OK

マスクは当社でも通信販売しております。しかも即日発送できます。2日~3日でマスクがあなたの自宅に届きます。

3層構造の不織布使い捨てマスクの特徴

  1. 非アレルギー
  2. 非刺激性
  3. 多層濾過

ソフトな質感で着け心地に違和感はありません。立体プリーツで呼吸や会話がしやすく、ウィルス、ホコリ、花粉、PM2.5を防ぎます。

マスクの購入は➡コチラ